イモとの遭遇

  • 2015-1-11


P1020939

 その銀色に光る怪しい物体が映写室のストーブ上に現れたのは

ある晴れた冬の日の午後のことでした

 P1020942

 宇宙から来た侵略者?

それとも地上に降りた最後の天使?

謎の物体を警戒して映写村は大騒ぎとなりました

「いや、あれはきっと何かのサナギに違いない!」

「すると中から何かが出てくるのですか?」

「ああ、きっと恐ろしい生き物だろう、一体何が…」

するとその時!

「ああっ!サナギが!銀のサナギが開きます!」

P1020944

 やがて中から姿を現したのは…金色に輝く…いい匂い!

「あれは…イモだ!サツマイモだ!」

「凄い…ホクホクだ…ホクホクだ!」

「するとあれは焼きイモだ!この映写村からは根絶したはずなのに…いったい何故!?」

「分からん…だが、きっと食事に行くタイミングのない哀れな映写技師の為に天よりつかわされたありがたい間食に違いない!」

そうして映写村の人々は天に感謝をささげ、ホクホクの焼き芋でお腹を満たしたといいます

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

TWITTER

ページ上部へ戻る
Top